冷え性の悩み 冷え性の原因〜対策・改善

睡眠不足は冷え性の原因となります。しっかり睡眠をとって冷え性を改善しましょう

冷え性と睡眠の関係

冷え性の人は、睡眠不足に悩まされることが多いといわれています。冷え性は、手足が冷えて、なかなか寝付くことができず、したがって、睡眠時間が不足し、体調を崩してしまう場合があり、そのようなことが繰り返されることにより、疲労回復ができず、体力が減退してしまい、風邪などを引きやすくしてしまうのです。睡眠を十分にとり、健康維持に気をつけたいところです。

冷え性の人は、十分な睡眠が取れるような努力をしてください。足湯は、寝る前にすると、寝つきがよくなります。 足湯は、冷え性の人にとってはとても効果的なもので、足湯をすることにより、全身に熱が伝わり、冷えが緩和されるばかりでなく、疲労回復やリラックスの効果もあります。 足湯をすると、筋肉の緊張がほぐれて、安眠できるとされています。寝る前に、足湯をしてみてはいかがでしょうか。

また、冷え性の方は、寝ている間もくつしたをはいてみてはいかがでしょうか。くつしたは、足を保温してくれます。寝る時のくつしたは、締め付けの無いものを選び、吸湿性の良い面素材のものを選んでください。

また、寝具も安眠のためには重要なポイントです。 軽すぎる布団は、隙間から風が入りますので寒いですし、重すぎる布団は、負荷がかかるため血行が悪くなってしまいます。適度な重さの、体にあったふとんを選び、湯たんぽなどを使うとさらに足元があったかくなります。冷え性の人は、いろいろと工夫して、しっかりと安眠できるように工夫をしてください。


Copyright 2008-2013 冷え性の悩み 冷え性の原因〜対策・改善 All Rights Reserved.