冷え性の悩み 冷え性の原因〜対策・改善

冷え性の原因ともなるストレスについて説明しています

ストレスは冷え性の原因

ストレスは、冷え性の原因でもあります。ストレスがたまると、体に様々な異常が現れるといわれるとおり、健康を害する、大きな原因となります。冷え性は、いろいろな症状がありますが、体が冷えたままでいると、筋肉や内臓・神経系にまで悪影響を与えるといわれています。

冷え性は、自律神経との関係も深く、また、自律神経はストレスとも深い関係がありますので、自律神経のバランスが崩れてしまうと、全身の血管を収縮させ、血流を妨げますから、円形脱毛症やうつ病、胃潰瘍、高血圧、動脈硬化などの病気になってしまいます。

冷え性を改善するには、まず、ストレス対策を考えなくてはなりません。リラックスできる環境を作るようにして、ストレスをためないような努力をしてください。ストレスは、音楽や映画、自分の好きなことを楽しみ、適度な運動で体を動かすなどすると、発散することができます。

アロマを楽しみながらゆっくりとお風呂に入ると、ストレス解消だけでなく、冷え性対策にもなります。疲労が重なり、イライラしたり落ち着かない場合は、十分に睡眠をとり、体を休ませて上げてください。疲れが取れると、心身ともに落ち着いてきます。

薄着をしていると、自分では気が付かないうちに、体が冷えて、体にストレスがたまります。 服装は、保温性の良いものを着用することも、冷え性やストレス対策のひとつといえます。 冷え症改善のためには、上記のことに注意して生活をしてみてください。


Copyright 2008-2013 冷え性の悩み 冷え性の原因〜対策・改善 All Rights Reserved.