喫煙(タバコ)はなぜ冷え性の原因になるのでしょうか?

冷え性の悩み 冷え性の原因~対策・改善

喫煙も冷え性の原因となることをご存知でしょうか?タバコを吸うことで血管が収縮して、血流の流れが悪くなるからです。

冷え性コラム冷え性 原因

喫煙(タバコ)はなぜ冷え性の原因になるのでしょうか?

冷え性に、タバコが関係しているようです。タバコは血管を収縮させ、血液の流れを悪くしています。 血のめぐりが悪くなり、内臓の働きが弱くなってくると、水分が体にたまってきます。たまっているのは余分な水分なので、体の内側から冷える状態を作る原因となります。


喫煙することで血管が細くなってきます。血液も詰まりやすくなりますから、血の塊である血栓ができやすくなります。血栓になってしまうと、動脈効果を併発してしまうことすらあります。血管が収縮すると体温も下がり、手先や足先といった部分にまで血液が流れていきません。


喫煙をしている人の肌は、乾燥が目立ち、毛穴が開いているのが分かります。顔には毛細血管がたくさんありますから特に目立ってしまいます。喫煙の害はいろいろありますが、冷え性にも悪影響を与えています。タバコを吸っている人はビタミンCやカルシウムをとることも必要ですが、冷え性の改善も早めにすることが大切になります。


冷え性をそのままにしておくことで、肺がんや肺気腫といった病気だけではなく、胃腸の働きを悪くする弊害もあります。肩こりや腰痛がひどいのも体の冷えが原因かもしれません。どんなに睡眠をたくさんとっても、日常生活をきちんとしてたとしても、喫煙はその効果を半減させてしまいます。


スポンサードリンク

Copyright 2008-2013 冷え性の悩み 冷え性の原因~対策・改善 All Rights Reserved.