冷え性と水分の取り方

冷え性の悩み 冷え性の原因~対策・改善

水分の取りすぎが何故冷え性によくないのか!その理由を説明しています。

冷え性コラム冷え性 解消

冷え性と水分の取り方

人は、水なしでは生きていくことができません。しかし、水分を取りすぎることは、体調を崩してしまう原因でもあり、特に冷え性などでは、余分な水分が冷え性を発症させるといわれています。体の中の余分な水分は、体を徐々に冷えさせ、冷え性の原因となっています。


体内の余分な水分は、胃液なども薄くなり、このような状態では消化吸収能力も低下し、必要とされる栄養分が不足し、体中、トラブルが発生します。また、新陳代謝も低下しますし、余分な水分から、むくみが現れます。このむくみは冷え性の原因といわれています。それとは反対に、冷え性や水分過多によりむくみが出る場合もあります。


体温が下がっている場合、汗をかきませんから、腎臓などにも大きなダメージを与えます。体内に余分な水分が多い場合、老廃物の処理は、腎臓が行いますから、腎臓は絶えずダメージを受けてしまいます。体内に水分が多いということは、体の疲れが取れにくかったりなかなか疲れが取れなかったりします。


夏など、飲み物を冷たい飲み物を多く飲む季節は、クーラーがきいた涼しい部屋で過ごすことが多いですから、注意が必要です。夏場はよく水分をとる人は、飲み物も冷やさないで、熱い飲み物を避け、常温の飲み物を飲んでください。水分の量は、冷え性の原因ともなりますから、注意が必要です。


スポンサードリンク

Copyright 2008-2013 冷え性の悩み 冷え性の原因~対策・改善 All Rights Reserved.